女性のイクってどんなこと?〜究極の快感に導くためには〜

女性 快感

この記事を書いた人
makino

はじめまして「makino」と言います。
現役の風俗嬢です。

文章書くのが好きで"お客様のためになる"なにかを届ければと思って記事を執筆することになりました。
よろしくお願いします。


男性はイク時、射精をしますが、女性のイク時って本当にいったのかわかりずらいもの。
女性の「イク」は男性の「イク」と似ているところもありますが、また違うところがたくさんあるのです。
アダルトビデオなどでは大袈裟に表現されていることが多々あります。実際にアダルトビデオを見様見真似で、女の子にやってあげたら、思っていたより反応があまり良くなかったり、痛い!と言われたりしたことはありませんか?
男性と女性でどんなところに違いがあるのかご紹介します。

これを知っている人と知らない人では、お互いの満足度に大きな違いが出てきます。女性をもっと満足させてあげたい。女性を喜ばせたいけどどうすれば良いのかわからない方はぜひ、最後まで読んでみてください♪

男性がイクときに起きること

快感を感じる時間

男性の「イク」時は射精をするため、女性に比べるとわかりやすいかと思います。
そして、男性が快感を得る時間は女性に比べると短い!
グラフで表すとするならば、直角三角形のようなカクカクしたイメージではないでしょうか?
快感を感じているときにどんどん急上昇し、イッた瞬間に急降下してしまいます。

賢者タイムがある

男性の快感は、一気に訪れ、一気に冷めてしまいます。
射精後に性欲が落ちていく原因は、射精後に分泌されるホルモンの関係だそうです。

射精後、何も考えられない、脱力するような感覚になることを「賢者タイム」と呼ぶ人もいます。
賢者タイムに入ってしまうと、女性はまだしたい!と思っても、男性はやる気が起きません。
そして「賢者タイム」に入ると、イチャイチャする気もなくなってしまう方がいます。
触らないでほしい、放っておいてほしいという方は、正直女性としては悲しいもの。
まだ、女性はイケていないのに、男性だけイって、その後もかまってくれないのはさみし過ぎるのです!
彼女のことを愛しているのなら、もっと満たしてあげたいのならば、「賢者タイム」は最後の最後までとっておきましょう
  


最新写メ日記一覧

女性のイクってどんなこと

女性がイク瞬間

まず、女性がイク瞬間についてですが、それは、オーガズムに達した時のことを言います。
オーガズムとは、キスやハグ、愛撫などによって性的な緊張が解放されること。精神的に満たされ、身体の内側からキューっと引き締められるような「筋肉の伸縮」が起こり身体がピクピクします。
実際にオーガズムに達したかどうかは、パートナーはもちろん、本人もわかりずらい場合が多いです。

イクまでには時間が必要

男性に比べて女性は、イクまで時間がかかります。
女性の快感をグラフで表すと、上下の振れ幅は浅く、快感が波打ってやってくるようなイメージです。
そして、女性がオーガズムに達するまでの、女性の身体の扱いについて、ぜひ男性にお伝えしたいことが2つあります。

リラックスできる環境・雰囲気づくり

女性は、「イク」ってどういう感覚なのか自分自身でわかっていないこともよくありますし、初めは痛いという女性が多いです。
女性器は緊張していると痛みを感じやすいですが、緊張がほぐれ、安心した状態になれば快感に変わると言われています。
まずは、女性の不安を取り除き、リラックスできる場を作ることが大切です。

外側から内側へ時間をかけてゆっくりと

そして、いきなり内側を気持ち良くさせようとするのはN Gです。
まずは外側から。愛撫する時間をたっぷりとりましょう。愛撫をしている男性は多いとは思いますが、そこを極めている方はあまりいないかと思います。
「愛撫は単なる前戯だ」と思っている方もいるのではないでしょうか?
しかし!愛撫は、もったいないほどに奥が深いもので、中には愛撫でオーガズムに達する女性がいるほどなのです!
しっかり女性の体の外側からほぐしていくことで、女性の身体・気持ちはどんどん上昇し、えっちの時も最高の時間を過ごすことができること間違いなしです。

女性がイク瞬間に起きる体の変化やサイン

女性がイク瞬間には、以下のような変化が身体に現れます。

  • クリトリスがぷっくりと膨らむ
  • 外陰部が充血し、赤みを帯びてくる
  • 胸が膨らみ、乳首が立つ
  • 身体がビクビクと痙攣する

女性の身体の変化は男性ほどなく、わかりづらいかもしれません。
しかし、女性の身体は誰しも多少の変化が起きているのです。女性の状況をこまめにチェックしていると徐々にわかってくるかもしれませんね。

オーガズムへ導く2つの方法

オーガズムといっても大きく分けて2つに分かれます。
女性器の外の部位であるクリトリスを刺激する「外イキ」と、
女性器の膣内のGスポットと呼ばれるところを刺激して快感を得る「中イキ」です。

外イキ

外イキは、女性がいちばん快感を得やすいイキ方です。
クリトリスは、男性器でいうと「亀頭」にあたる部位で、いちばん刺激をしやすく気持ち良くなりやすい場所です。
感覚としては、足元から頭の先まで快感が突き抜けるようなイメージで、イク瞬間は頭が真っ白になってしまうほど気持ち良いのです。
イク感覚がわかっていない、中イキしずらいという女性には、まずはクリトリスを優しく刺激してイク感覚を覚えてもらうのも良いでしょう。
ただ、早く強く刺激すれば良いものではありません。アダルトビデオのようにやると痛いですし、傷つけてしまう恐れもあるため、初めは軽くさすってあげるくらいの優しさでしてあげましょう。

中イキ

中イキは、Gスポットと呼ばれる膣内にある性感帯を刺激することで快感を得るイキ方ですが、中イキは、外イキに比べるとイキずらいでしょう。
イク時の感覚としては、身体の内側から快感が得られて、ゆっくりじわじわと全身に溢れるようなイメージです。
また、女性の膣の中にはGスポットの他に、ポルチオと呼ばれるところがあります。ポルチオは、Gスポットよりもさらに膣の奥にある性感帯で、奥イキとも呼ばれます。
クリトリスや、Gスポットでイク時とは異なり、イった後も数分間快感が持続します。

中イキは、女性自身でも知らない人が多く、何度か経験をしていくと感じやすくなっていくものです。初めから、中で感じる女性はあまりいないため、快感の強要や、責めすぎたりすると女性にストレスを与えてしまうため注意しましょう。
しかし、中イキできるようになると、さらにエッチの時間を楽しむことができるので、気長に待ち、女性の身体を開発してあげようという気持ちくらいが良いかと思います。

究極の快感へ導くために

男性、女性ともに気持ち良くなるためには、まずは身体の仕組みを知ることです。
自分自身でも、分かっているようで分かっていなかったりするものですし、異性の身体なんて特にわからないことばかりですよね。
そして、お互いの意思を伝えることも大切です。女性は、うまく感情が伝えられなかったり、我慢していることが多くあります。
女性の気持ちをしっかり聞き出すことで、さらにお互いの究極の快感へつながることでしょう。