新宿 デリヘル 求人

アナル舐めで風俗のお客様を虜に!アナル舐めが苦手な女の子へのコツもご紹介

アナル舐め

こんにちは!新宿のデリヘル、デザインプリズムです。

風俗には様々なプレイがありますが、その中で

アナル舐め

というプレイがあります。

好きな男性なら大丈夫でも、お客様のアナルを舐めることに抵抗がある女性はやっぱり多いと思います。

それが嫌で、風俗に興味があってもなかなか一歩を踏み出せない、という人もいるかもしれません。

 

そこで今回の記事では、

アナル舐めをするときの注意点やコツ

についてわかりやすく解説していきます!

この記事を読むとアナル舐めについてよくわかって、不安などもやわらぐと思うのでぜひこの先の読み進めてみてくださいね!

 


高収入の女性求人はこちら
新宿 デリヘル 求人

アナル舐めとは?

アナル舐めとはその名の通り、

お客様のアナル(肛門)を舐める

プレイのことを言います。

ここで安心してもらいたいのが、多くのお店ではアナルなめは基本プレイには含まれません

なので風俗で働くからといってしなければいけないかというとそうではないので、そこはぜひ安心してくださいね。

デリヘルなどでは「オプション」として扱われていることが多く、できるようになればオプション分の収入が増える、という感じです。

基本プレイに含まれている場合でも、どうしてもやりたくないという場合はNGにすることもお店によってはできます。

 

一方でソープやマットプレイがあるお店では、基本プレイとして含まれていることがほとんどです。

 


新宿人気の老舗はこちら
新宿 風俗

アナル舐めって気持ち良い?

アナルを舐めてもらうのが好きな男性も多いですが、「アナルを舐められるのってそんなに気持ちいいの?」と疑問に感じるかもしれません。

「やっぱりおちん◯んを舐められるのが一番なんじゃないの?」と。

 

実はアナルは、男性にとって「性感帯の一つ」なんです。

肛門も粘膜がある部位で、そういった粘膜がある部位は基本的に敏感で、気持ち良さも感じられやすいんですね。

特に男性の場合は、肛門の奥に「前立腺」という強い快感が得られる性感帯があるので、アナルを刺激されるとそういった部分でも気持ち良いんです。

 

あとは「自分の恥ずかしい部分を女の子に舐められてる」という恥ずかしさに快感を覚える、という男性も多いですね。

なのでMな人の方が好きなプレイ、と言えるかもしれません。

 

アナル舐めの注意点

アナルを舐める時の注意点しては、やはり「衛生面」ですね。

ケツ毛が濃い男性の場合、毛にトイレットペーパーがこびりついていたり、ウン◯の残りが肛門の周辺についてしまっていることがあります。

風俗では、プレイする前に必ずシャワーを浴びたりボディソープで身体を洗いますが、事前にアナル舐めをするとわかっている場合は、しっかりと肛門周りを洗うようにしましょう!

グリンスという殺菌性の強いボディソープで洗うことで、ウン◯や大腸菌などもしっかりと洗い流すことができて、安心してアナル舐めができるようになります。

 

また体を洗うときに、シャワーをアナルに当てて「アナルをほぐす」ようにしましょう。

ほぐすことで指を入れたり舌を入れやすくなるので、より男性に気持ち良くなってもらうことができますからね。

ただ洗いすぎると炎症を起こしてしまうこともあるので、ある程度綺麗になったと思ったらそこで洗うのをやめるようにしてください。

ケツ毛について

アナル舐めって毛が生えてなくて綺麗なアナルなら抵抗ってあまりないですけど、ジャングルみたいに毛が生えているとやっぱりかなり舐めづらいですよね。

「何かついてるんじゃないか?」

みたいに思ってしまってなかなか舐められないというか^^;

ケツ毛が生えていてもしっかりと洗えば全く問題はないんですけど、精神的にきつい面はやっぱりあります。

 

もしアナル舐めをするお客様が何回か来てくれている常連さんの場合は、

次回はケツ毛を綺麗にしてもらうことってできますか?その方がもっと気持ち良くしてあげられるので♪

みたいにうまく理由をつけて剃ってもらったりすると良いですね!

「〇〇ちゃん(あなた)のためなら!」と、お客さんもきっと剃ってくれるはずです。

 

お客さんが初めて接客する人で、ケツ毛ボーボーでどうしても舐めづらいという時は、思い切って「ごまかす」こともできます。

アナルを直接舐めるのではなくて、「毛を舐める」ようにするんです。毛が生えていると、アナルを直接舐められているのか毛を舐められているのか、男性は意外とわからなかったりします。

体が温まっていると感覚がにぶったりもしますからね。

毛を舌先でさわさわと、どうしてもきつい時は舐めてあげることで、お客様を満足させてあげられることもできます。

 

アナル舐めが苦手な女の子に教えたい3つのコツ

「アナルを直接を舐めるのはやっぱり抵抗が・・・」

という女の子へ、アナルなめをやりやすくする3つのコツをここからはご紹介していきます!

それらを使うことでストレスを感じずにプレイができるようになると思うので、ぜひ参考にしてくださいね。

周辺を舐める

肛門でだけはなくて「その周辺」を舐めることでも、お客さんを満足させてあげられることができます。

肛門周辺も敏感なので、アナルに舌を入れたりするのがどうしても苦手という場合はぜひそのようにしてみてください!

周辺を舐めることで、「焦らし効果」が副産物的に得られたりもするので、周辺舐めを多めにしてアナルを少なめにするのはかなりおすすめです。

ローションを塗る

アナルにローションを塗ることで、アナル舐めがかなりしやすくなります。

アナルを舐めているというよりも「ローションを舐めている」という感覚になるので、そこまで抵抗を感じずに舐めることができるんですね。

また肛門の感度も上がるので、あまり舐めなくても男性に感じてもらえるようにもなります。

ペニスを愛撫するときのように、舌先でちょんちょんと少し舐めてあげたり、ソフトタッチな感じで舐めてあげるとすごい男性に喜ばれますね。

玉舐めもする

アナル舐めをするときに大事なのが、「アナルだけを舐めないようにする」ということです。

ついアナルだけを攻めがちなんですけど、同じところを攻められると、敏感になりすぎて逆に痛さを感じてしまったりもします。

インターバルを置く意味で他のところも舐めてあげると、最大限男性に感じてもらえることができます。

 

その時におすすめなのが「玉を舐める」ということです。

男性としては恥ずかしい格好をされて玉を舐められると、すごい感じたりするんです。

「こんな子にこんなところ舐められちゃってる・・・」みたいに羞恥心が刺激されて喜ぶ男性は多いです。

玉を舐めたり、玉とアナルの間にある「アリの門渡り」という部分をソフトに舐めてあげると、男性にすごい気持ち良くなってもらえます。

アリの門渡りも男性の性感帯の一つで、アナル、玉袋と一緒に刺激してあげることで男性の心を掴んでリピーターになってもらうこともできます!

同じところばかりでなく、バランスよくいろんな場所を攻めてあげるのが、お客さんに気持ち良くなってもらうために大事なコツですね!

 

お客さんも、

「この子はアナル舐め苦手なんだろうなー」

とプレイを見ていればなんとなくわかるもので、苦手でも頑張ってあなたがアナル舐めをしている姿を見ると、

この子すごい頑張ってるなー、応援してあげたい!

みたいに好感を持ってもらえて、次回からの指名にもつながりやすくなります!

アナル舐めについては下の記事でもわかりやすくお話ししているので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

【参考記事】
アナル舐めとは?風俗でのアナル舐めの意味を徹底解説

 

アナル舐めまとめ

今回アナル舐めについてお話ししてきましたが、もし苦手だとしてもちょっとした工夫をすることでストレスを最小限に減らしてプレイができるようになります。

またアナル舐めは、多くのお店で「オプション」扱いな場合がほとんどなので、どうしても苦手な場合は「NG」にすれば大丈夫です!

 

新宿のデリヘル、デザインプリズムでは一緒に働いてくれる女の子を大募集中です!

アナル舐めが苦手でも安心して働けるので、

「最近ちょっと金欠気味・・・」

「風俗で働いてお金を稼ぎたい!」

という女の子はぜひお気軽に連絡してくださいね^^