新宿 デリヘル 求人

風俗嬢ってラインはどんな風に使えばいいの?営業LINEの正しいやり方!

こんにちは!新宿のデリヘル、デザインプリズムです。

風俗では基本的にお客さんとのラインのやりとりは禁止されています。

他の水商売、キャバクラなどの場合はラインが許されていることがあるんですけど、風俗は多くのお店でお客さんと連絡先を交換すること自体禁止されています。

 

ただ中にはラインのやり取りが許されているようなお店もあって、そういうお店で働く場合はお客さんとどのようにラインをするか、がリピーター獲得にも繋がってきます。

 

今回の記事では、

風俗嬢とお客さんのライン

について話していきます!

風俗で働く時に、太客やリピーターを獲得するきっかけになるはずなので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事はこんな人におすすめです
  1. 風俗嬢のライン事情が気になる人
  2. お客さんとラインをするのに不安がある人

 

風俗嬢とお客さんのラインはなんで禁止される?

そもそもなんでラインは禁止されていることが多いのかというと、「お店の外で営業されてしまう可能性があるから」です。

お店としてはお客さんにお店を利用してもらわないと売上にならないですからね。

風俗嬢と直接連絡を取り合って接客をされてしまったら、お店の売り上げが下がってしまいます。

女の子としても、お店以外の場所で直接会った方がお店の取り分が全て自分に入ってくるので、かなり稼ぐことができます。

そういった不正を防ぐために、そもそも風俗嬢とお客さんの連絡先交換、ラインのやりとりは禁止されていることが多いです。

 

あとは単純に「女の子を守る」という意味合いもあります。

もしそのお客さんが危ない人だったとしたら、女の子がストーカー被害に遭ってしまったり、何か犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。

お店の中だけで会う分には安全なので、安全面の理由からも禁止されていたりします。

 

お客さんが「他店のスカウト」の可能性もあって、引き抜きをされるということも起こります。

お店からしたら女の子、特に人気風俗嬢の女の子を引き抜かれてしまうとお店の経営そのものに大きなダメージを受けてしまうので、引き抜き防止のためLINE交換などが禁止されている面もあります。

ライン交換が許されるケース

その中で、お客さんとラインを交換することが許されるケースもあります。

姫予約といって、常連のお客さんが風俗嬢の女の子と直接やり取りをして予約を入れられる仕組みがあり、

「このお客さんはもう何度もお店に来てるし、姫予約で良いよ」

とラインの交換を許されることがあります。

その場合はお店から支給されるスマホが使われることがほとんどで、姫予約が入ったらお店に連絡をします。

 

例外もあるんですけど、ほとんどはお客さんとラインをするのは禁止されている、と考えた方が良いですね。

 

ライン交換をお客さんに求められても「NO」

お客さんの中にはいきなり「ライン交換しようよ」と言ってくることがあります。

そういうことを言われても、LINE交換はきっぱりと断るようにしましょう。

 

そもそもの話で、一度お店に来たくらいで連絡先を交換しようとするのは図々しいし、そういう人と連絡しても良いことは何一つありません。

大体のお店ではプレイをする前にスタッフさんが「連絡先交換は禁止です」と説明するんですけど、それを全く聞いていないということですからね。

もしお客さんがイケメンで好みだったりしても、そういう誘いは一切断るようにしてくださいね。

その辺りはお店に入る時の研修で教えてもらえるので、それをよく聞いてくださいね。
研修については下の記事でわかりやすく解説しているので、そちらも是非読んでみてください。

研修 風俗 【風俗の研修完全解説!】種類や流れを未経験の女の子にもわかりやすくご紹介

 

中には何回もお店に通ってくれて、それから「ライン交換しない?」と言ってくるようなお客さんもいます。

そういう場合は事前にお店に確認を取っておくようにしましょう。

「もし常連さんからライン交換しても良い?と聞かれたら、交換しても大丈夫ですか?」

もし姫予約ができるようなお店ならそこでOKをもらえて、営業用のスマホを貸してもらえたりします。

ダメと言われたら交換はしないようにしてください。もしお客さんと交換していることがバレると最悪お店をクビになってしまうこともありますからね。

 

基本的にお客さんとは「お店の中だけでしかやり取りできない」という風に考えておくのが良いですね。

 

風俗嬢は営業ラインが必要ない

風俗嬢は営業ラインをする必要はありません。

キャバクラなどの水商売の場合は体を許すことがないので、言い方は悪いですがセックスすることを”エサ”にすることができます。

この子はもう少し頑張れば落とせるかも・・・!

とお客さんに思わせてお店に誘導させやすいんですね。

 

ただ風俗の場合はそもそも体を許している状態なので、そこからラインを交換してもお店に誘導することが難しいんです。

相手は店外に誘うことだけを考えてやり取りしてくるので、ラインをしても風俗嬢の女の子側のメリットがほとんどないんですね。

なので営業ラインは基本的には必要ありません。

 

風俗嬢の営業ラインの正しいやり方

ただお店によっては営業LINEがOKで、風俗嬢の女の子にスマホが支給されるようなところもあります。

お店としても女の子がお客さんを呼んでくれた方が安定的な売上になるわけですからね。

長く働いてくれていたり、人気のある女の子に営業LINEをOKしてくれることもあります。

もし営業ラインをする場合に注意したいことがあるのでそれについてここからはお話ししていきます。

営業ラインの注意ポイント

  • 見込み客だけ連絡する
  • 短文で送る
  • ラリーをしない
  • 雑談はしない
  • 最初に頻繁に連絡できないと伝える
  • お店に来てくれない人はブロックする
  • 見込み客だけ連絡する

    営業ラインをするときは、これからリピーターになってくれそうな男性だけに連絡をするのが大事です。

    お客さんの中には風俗嬢とラインするのがそもそも嫌な人もいたり、ただの店外デート目的の人も多いので、

    そういう気配があるお客さんとは即座にやり取りをストップするようにしましょう。

    「今度またお店に来てくださいね!」

    とサービス後にラインして、「うん、また行く!」みたいな返事をしてくれるような男性に絞るようにしましょう。

    お店に来てくれないお客さんとLINEをしてもただの時間の無駄になってしまいますからね。

    短文で送る

    長文でラインをすると単純に疲れてしまうし、お客さんに本気になられたりしてしまう恐れがあるので、できる限り簡単な文章を送るようにしましょう。

    「来週、また来てね♡」

    みたいなラインを定期的に送るくらいの距離感がちょうど良いですね。

    ラリーをしない

    ラインをしているとラリーが続くことがありますが、ダラダラとラリーをしてもお店に来てもらうことは難しいのでやめた方が良いです。

    ラリーしてしまうと、風俗嬢とお客さんという垣根を超えて仲が良くなってしまったりメル友状態になってしまうので、止めるようにしましょう。

    雑談はしない

    営業ラインでは雑談はあまりしないようにしましょう。

    そのお客さんがリピーターや太客になってくれそうな人なら、その人の誕生日を聞いておいてその日になったら誕生日のお祝いをしたり、元日にはあけおめラインをしたりして良いんですけど、

    そうでないお客さんとそのような雑談をしてもメリットが小さいので、雑談は最低限がベストです。

    最初に頻繁に連絡できないと伝える

    ラインを交換するときに、「頻繁に連絡はできないけど、それでも良い?」と断ってから教えるようにしましょう。

    何も言わずに交換してしまうと、相手のお客さんが少しストーカー気質なねちっこい性格をしている場合、毎日頻繁に連絡をしてくる可能性があります。

     

    また昼間に送ってこられると、その通知を友人などにみられて風俗で働いていることがバレてしまう恐れもあるので、

    「基本夜しか連絡できないけど、ごめんね」

    と言っておくとストレスなく営業ラインができるようになります。

    お店に来てくれない人はブロックする

    ある程度長い期間ラインをしていても、全くお店に来てくれないようならラインをブロックしてしまうのも大切です。

    その人との連絡に使う時間を他のリピーターになってくれそうな人に使うことで指名も増え、お金も稼げるようになりますからね。

     

    もし営業ラインをする場合は以上のことを守ってやり取りをするようにしてみてください。

    するとリピーターや太客になってくれそうなお客さんと仲良くなれて、指名も増えていきますからね。

    リピーターにしたい良客について下の記事で特徴などをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    良客 風俗 風俗の良客ってどんな特徴の人?良客を確実にリピーターにしよう!

     

    ライン交換時の注意点

    ラインを交換するときにも気をつけたいポイントがいくつかあるのでご紹介していきます。

    まず大前提として、「信用できなそうな人とは連絡先交換は絶対にしない」ようにしてください。

    この人はいい人だし、これからリピーターになってくれるかも!

    と感じた人とだけ交換するようにしてくださいね。

    メールアドレスを教える

    もしライン交換を求められたときは、「メールアドレス」を教えるのはおすすめです。

    「私普段ライン使ってないからメールでも良い?」

    みたいに理由をつけてメールでやり取りしてもらうようにするんです。

    メールならいちいち通知が来ないし、フリーアドレスを使えばもしその人が危なそうな人でもすぐに連絡を断つことができて安全ですからね。

    お客さんとしても全く連絡できないよりかは多少連絡手段がある方が良いので、「メールでも良いよ」と言ってくれることもあります。

    営業用のスマホを持つ

    風俗でラインを交換するのなら、プライベートとは別でスマホをもう1台持つようにしましょう。

    お店によっては営業用のスマホを支給してもらえることもあるんですけど、もし支給してもらえない場合は自分で2台目のスマホを用意すると良いです。

    今は格安スマホも増えてきていて、月に3000円くらいでもう1台契約することができて、もし風俗嬢を辞める時などにスマホを解約すれば全てリセットすることもできますからね。

    SNSを教える

    風俗嬢としてのSNSを教える、という方法もあります。

    風俗での名前で登録して、そこでのDMでやり取りしたりすれば営業につなげることもできます。

    ただSNSは定期的に更新するのが少し面倒なので、そこが大丈夫ならtwitterなどで営業用のアカウントを作ることをおすすめします。

     

    風俗嬢とお客さんのラインまとめ

    そもそもお店によってはお客さんとのライン交換が禁止されていることがあるので、そういう場合は交換は全部断ってしまってOKなんですけど、

    中には営業ラインが許されていることもあり、そういうお店で働く場合は営業LINEをうまく活用することでリピーターや太客を獲得する大きなきっかけになります。

    今回お話ししたことを参考に、上手に距離を取りつつぜひ連絡をしてみてください。

    距離を縮めすぎなければ、またあなたに会いたいとお店に来てくれることが増えてきますからね。

    新宿のデリヘル、デザインプリズムでは一緒に働いてくれる女の子を大募集中です!

    1日で6万円以上稼ぐことが可能なので、少しでも風俗に興味がある女の子は気軽に連絡してきてくださいね♪