風俗エステとメンズエステは実は全く違うお店!その違いを詳しく解説します!

風俗エステ メンズエステ

風俗で最近人気のジャンルに

「風俗エステ」

というお店があります。

普通の風俗店のようにキスなどの「ヘルスサービス」をする必要がないということで、風俗未経験の女性にも働きやすいということで女性にもかなり人気な仕事です。

ただこんな疑問を持ったことってありませんか?

「風俗エステとメンズエステって、どう違うの?」

メンズエステという言葉も最近よく耳にするけど、同じエステってついてるから同じようなサービスを提供するんだろうか?

それとも何か違いがあるんだろうか?

こういう疑問を持ったことがあるかもしれません。

そこで今回の記事では

『風俗エステとメンズエステはどう違うのか?』

ということについて、わかりやすく、そして詳しく解説していきます!

実はその2つは「全く違う」んですね。

働き方もだいぶ変わってくるので、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです!

メンズエステとは?

最初にメンズエステについて解説していくと、メンズエステはそのままの意味で「男性がエステ(マッサージ)を受けられるお店」のことを呼びます。

店舗型のお店もあれば、特定のエリアに出張するタイプのお店もありますね。

エステと聞くと、痩身マッサージとか美肌エステ的なものをイメージされるかもしれませんが、ここでいうエステはそういう美容目的のものではなく、純粋なマッサージの意味合いが強いですよね。

腕や脚、背中などをアロマオイルを使ってマッサージし、男性を癒してあげる。
メンズエステと言う場合は、そういった「癒し」を目的としたお店を指します。

普段そういったマッサージを受けないという男性も、綺麗な女性から自分の体をマッサージしてもらえるというのは非常に癒されるし、アロマの匂いなども含めて心地よく感じられるもので、今かなり人気が出てきているお店ですね。

メンズエステ店のHPを見ると、一見すると風俗店のような「いやらしさ」が感じられることがあります。

プロフィールに3サイズが載っていたり、女性セラピストも限りなく露出が高い服装をしていたりしますからね。

ただここが風俗エステと違うのですが、メンズエステ店の場合は風俗サービスを行うことが一切ありません。
風俗サービスというのはいわゆる「抜きサービス」のことですよね。手コキをしてあげてそのまま射精してもらう、といったことはしません。

メンズエステ店のHPにも「風俗サービスは一切行いません」といった文言が書かれているので、もし風俗エステではなくてメンズエステ店で働きたいという場合はそのあたりはよく確認するようにしましょう。

風俗エステとは?

それでは風俗エステとはどういうお店なのかというと、基本的なサービスはメンズエステと変わりはありません。

アロマオイルを使って腕や脚をマッサージしたり、リンパを刺激してあげたり。「癒し」を提供するお店です。

こちらも店舗型、エリア出張型のどちらもあります。

大きく違うのは、上でもお話ししましたが「性的なサービスがある」ということです。

大抵の場合一通り全身のマッサージが終わった後、手コキによるフィニッシュを行います。

また普通のマッサージの他に、回春マッサージ(性感マッサージ)も行なっていきます。

回春マッサージというのは睾丸マッサージであるとか、男性のアナルに指や器具などを入れて前立腺を刺激してあげる、などですね。

服装もメンズエステとは違って、トップレスになったり、オールヌードになったりもします。

ただお店によってそれらはオプション扱いになっていることがあるので、もし裸になるのが嫌という場合はそういったオプションをNGにすることで、風俗エステ店でも働けると思います。

メンズエステ店だと、癒しを受けることはできるんですが射精まではできないので、男性からしたら「生殺し感」を感じてしまうことがあります。

女性の柔らかい指で体の隅々を触れたり、体が密着されるわけですからね。健康な男性であれば、そこで興奮してしまうのも無理はありません。

しかし少しでもペニスを触ってしまうのは違反行為となってしまうので、女性は一切触ることはありません。

そういった、

「マッサージのついでにフィニッシュもしてもらいたい!」

という男性の願望を叶えるのが風俗エステで、癒してもらえつつ最後には射精もできるということで、今風俗の中でもかなり人気が出てきています。

純粋にマッサージだけができるお店が「メンズエステ」

通常のマッサージに加えて回春マッサージ、フィニッシュサービスもあるのが「風俗エステ」

という認識で大丈夫ですね。

風俗エステが好きな男性の特徴

風俗エステにはどんな男性が来るかというと、やはり多いのは「受け身」の男性です。

風俗エステの場合、他のデリヘルなどとは違って男性が女性を責めることはできません。基本的に完全受け身なので、女性に体を触られるのが好きだったり、女性を責めるのが得意ではない風俗初心者の男性に人気が高いです。

そして風俗エステは、「気持ち良くなりたい」というよりも「癒されたい」という気持ちを持って来店されるお客様が多いです。

デリヘルなどを利用する男性の場合、「よし、いっぱいエッチなことするぞ!」という風に意気込んでいたりしますが、風俗エステを利用する男性は「あー今日も疲れたな、ちょっと癒されに行くか」といった気持ちで来店する人が多いです。

なのでエネルギッシュな男性が来ることはあまりなく、どちらかというと大人しい人が好む傾向が強いですね。

風俗エステで働くのに向いている女性の特徴

ここからは、

(ちょっと風俗エステ興味あるから働いてみたいな・・・)

という女性に向けて、働くのに向いている女性の特徴ということでお話ししていきます。
それらのどれか一つでも当てはまっていると、ストレスなく働ける可能性が高いので、ぜひ参考にしてみてください!

男性を癒すのが好き

風俗エステはとにかく「癒し」を求めて来店するお客さんがほとんどです。

何か精神的に嫌なことがあって癒しを求めていたり、単純に仕事の疲れを癒すためにマッサージを受けたり。

そういった男性に癒しを提供するのが好きという場合は、風俗エステで働くのはかなり向いていると思いますね。

ヘルスサービスをしたくない

風俗エステは、キスやフェラなどのヘルスサービスをすることはありません。

性的なサービスはせいぜい「手コキ」くらいなもので、そういったサービスを提供するのに抵抗があるという女性にはかなり働きやすいのかなと思います。

また基本的に服を着たままでサービスを行うので、裸になることもありません。
お店によってトップレスやオールヌードのオプションがある場合もありますが、もし例えばオールヌードになるのが嫌だったら「NG」にすればいいですからね。

そういった意味では風俗で働いた経験がないけど、普通よりも稼げるお仕事がしたい、という場合にはピッタリな仕事になってきますね。

マッサージのスキルを身に付けたい

マッサージの技術を磨いて手に職をつけたい、という女性にも風俗エステはかなりおすすめです。

風俗エステで働いていると、「ディプロマ」という資格をもらうことができる場合があります。
ディプロマというのはマッサージの専門学校に通うことで取得できる資格で、それと同じ資格を働く中で取得することができるんです。

一度ディプロマの資格を取得すれば手に職をつけることもできるので、風俗のお仕事から離れた後もマッサージ系の仕事がしたい!という場合にはかなりおすすめです。

風俗エステは風俗業界のお店なので、普通のお仕事よりももらえるお給料は高い場合が多いです。

ヘルスサービスをする必要がほとんどなく、多くのお給料をもらえるお仕事なので興味があればぜひ一度求人を探して働いてみることをおすすめします。

横浜の関内や新宿など、探せば色々な場所にお店がありますからね。

風俗エステまとめ

今回は風俗エステについてお話ししてきましたが、風俗エステは風俗店の中でもかなりサービスがライトなお店です。

なので風俗で働いた経験が少なくても働きやすいと言えるので、
(お金は稼ぎたいけど、いきなりハードなサービスはちょっと・・・)
という場合はぜひ一度働いてみると良いかもしれません。

新宿のデリヘル店、デザインプリズムでは一緒に働いてくださる女の子を大募集しています!

風俗エステとは違ってキスやフェラなどヘルスサービスをする必要はありますが、お客さんを「癒す」ということには変わりがないので、やりがいはかなり大きいです!

またエステ店よりも少ない日数で大きく稼ぐこともできるので、ぜひお気軽にご連絡ください♪