オナクラの仕事内容とは?風俗未経験の女の子へわかりやすく解説!

オナクラとは

今回は「オナクラ(オナニークラブ)」の仕事内容を詳しく解説していきます!

(オナクラはなんか風俗の中ではすごい楽そう!)

こんなイメージを持っている方も多いと思うのですが、実際の仕事内容はどういう感じなのか、本当に楽なのか?、風俗未経験の方にもわかりやすく解説していきます!もし興味が出てきたら、ぜひ求人情報を探してお仕事をしてみてくださいね!

オナクラとは?

オナクラとは?
オナクラという言葉をあまり聞き慣れないという人も多いと思うんですけど、そもそもオナクラというのはどういう風俗かというと「お客様のオナニーをサポートする」こんなお店になっています。男性がオナニーをする風俗、だから「オナクラ(オナニークラブ)」という風に呼ばれるんですね。

普通の風俗、例えばデリヘルなどは女性が男性に対して体を使ったサービスをして、射精をさせますよね。どのお店でも女性も服を脱いで全裸になるし、キスやフェラなどのヘルスサービスをします。

なので、他の風俗店というのは女性への負担が大きいという面は正直あります。
(知らない男性とキスとかはしたくない・・・)
という女性には、デリヘルなどは働くのはかなり厳しいんですね。

ただオナクラの場合は、キスやフェラなどをする必要は一切ありません。最低限「手コキ」が出来れば、他の仕事よりも桁違いの収入を得ることができるんです。服も基本的に脱がないし、本当に女性への負担がオナクラはかなり少ないんですね。

「風俗未経験でも安心して働ける」そんな風俗がオナクラです。

店舗型と派遣型がある?

オナクラ 店舗型 派遣型
ちなみにオナクラは「店舗型」と「派遣型」の2つがあり、それぞれ働き方が少し異なってきます。
店舗型はお店の中にある待機所で待機し、指名がされるとプレイルームまでお客様と一緒に移動する、という感じです。派遣型は、お店に待機所が多くの場合設置されているので指名が入るまでそこで待機し、お客様から指名が入ったらお店を出てお客様の男性がいるホテルなどに向かいます。

店舗型と派遣型の大きな違いは「移動があるかないか」、「事前にお客様の姿を確認できるか」の2つですね。派遣型の場合は知り合いの人と一緒になってしまう可能性はゼロではないので、(絶対に知り合いとは会いたくない!!)という場合は、事前にお客様の顔を確認できる店舗型がおすすめです。

派遣型でも「NGエリア」を設定できるので、知り合いと遭遇するリスクは限りなくゼロに近いんですけどね。

仕事内容は?

ここからはオナクラの仕事内容の流れを詳しく解説していきたいと思います。

具体的な仕事内容の流れを知っておくと「自分に合いそうかな?」ということがわかると思うので、ぜひ参考にしてくださいね!

挨拶

オナクラ 仕事内容 あいさつ
店舗型の場合はお客様と一緒に、もしくはお客様が待つプレイルームに行って挨拶を。

派遣型の場合は男性がいるホテルの部屋に向かいます。

プレイに入る前に、まずは自分の名前を名乗るなどの挨拶をしましょう。
オナクラの場合は風俗が生まれて初めて、という男性もいるのでとにかく「場の雰囲気を和やかにする」ということが大切です。

世間話をしたりとか、これからエッチなことをするわけなので、男性がよりオナニーに集中できるように恋愛話やエッチな話をしたり。

あとはとにかく「笑顔で接してあげる」ということを意識するようにしましょう。
愛想というのは風俗において非常に重要で、愛想がない女性はやはり人気も出ませんからね。
愛想を良くした方がお互いの緊張が解けるので、絶対に意識するようにしたい部分です。

プレイ

オナクラ 手コキ
オナクラの場合は様々なコースがあります。

男性がオナニーするところをただ眺めるコース。

女性が手コキをしてあげることで射精をさせてあげるコース。

女性が服を脱いで、お客さんに上半身を触られながら手コキをしてあげるコース。

その辺りは、自分で「どこまでOKか」ということを設定することができます。

服を脱いで裸を男性に見られるのが嫌で、手コキもしたくないなら「見るだけコース」のみOKにする。

(手コキをしてあげるくらいならいいかな・・・)という場合であれば手コキのサービスをOKにする。

オナクラはオナニーを眺めるだけで何のオプションもつけない場合は、やっぱりどうしても給料の方も少なくなってしまうので、(どこまでなら大丈夫そうかな・・・)ということを考えてオプションをつけるのが良いですね。

一度見るだけコースのみにしてみて、オナクラのお仕事を体感してからオプションをつける、ということでも大丈夫です。

お別れの挨拶

オナクラ 仕事内容 名刺
男性が射精をし終わったら、お別れの挨拶をして部屋を出るか一緒にお店の出口まで向かいます。

ここでしっかりと、できれば手書きのメッセージを添えて名刺を渡すようにしましょう。
名刺を渡すことで自分のことをお客様に改めて印象付けられて、次の指名にもつながりやすくなりますからね。

以上がオナクラの仕事内容の基本的な流れになります。

(え、そんな程度で良いの?)と感じられたかもしれないんですけど、オナクラは風俗の中で本当に体や精神的な負担なく働くことができるんですね。

風俗初心者の女の子も多く働いているので、テクニックなどに自信がなかったとしてもぜひ一度働いてみることをおすすめします。見るだけコースならテクニックなどは一切必要ないですからね。

オプションについて

オナクラ オプション
オナクラには「オプション」というものが多くあります。

基本給だけだと風俗の中では稼ぎにくくはなってくるんですが、オプションをつけることでお仕事の単価が上がってかなり収入も上がっていきます。

(これなら大丈夫そう!)というオプションをつけると、あまり体に負担もなく普通の仕事やバイトではあり得ないくらいの収入を得ることができます。

ここでは代表的なオプションをご紹介するので、参考にしてみてください!

  • パンチラ
  • 息を吹きかける
  • 言葉責め
  • 寸止め
  • トップレス
  • オールヌード(下半身のお触りは無し)
  • 頭を撫でる
  • 男性の乳首を舐める
  • 女性もオナニーを見せる
  • 喘ぎ声を出してあげる
  • ゴムフェラ

お店によってもオプションの種類は変わってくるんですが、こういったオプションがある場合が多いです。

オプションによって単価は様々で、一つ+500円ほどのものもあれば、+10,000円ほど追加のお給料がもらえるものまで多種多様ですね。

オナクラのメリットデメリット

オナクラ メリット デメリット
オナクラで働くことのメリットとデメリットについて話していきます。

(オナクラなら働きやすそうだし、働いてみよっかな・・・)
と考えている場合はぜひ参考にしてみてください!

デメリット

まずデメリットから話していきたいんですが、

オナクラは風俗の中でも女の子への負担が少なく、風俗で働いているという感覚が少なく仕事をすることができます。なので「若くて可愛い女の子」がかなり多いんですね。

そのためにどうしても「女の子の中で競争」が起こってきます。

容姿に自信があまりないという場合は、テクニックを磨くなどをすることでカバーをする、ということが大切になってきますね。

これまでもお話してきましたが、オプション無しだとオナクラはあまりお給料が高くありません。多くの収入を得るためには指名を増やしたり、オプションを多くつける必要があり、そこはオナクラのデメリットかなと思います。

高くないと言っても、一般的なバイトや仕事と比べれば比較にならないくらい大きな収入は得られるんですけどね。

「風俗の中では安い」ということです。

メリット

そしてオナクラのメリットですが、

大きいのはやっぱり「サービスがソフト」ということ。
お客様のオナニーを見るだけで普通のバイトなどではあり得ないお給料をもらうことができるので、そこは本当に大きなメリットですね。

また自分が嫌だというオプションはNG設定することができるので、「自分が働きやすい形で働くことができます」。

多くのお給料を稼ぎたいならオプションをたくさんつければ稼ぐことができるし、お給料は最低限稼げれば良いという場合はオプションをNGにすればOKです。

無理なく働けるので、オナクラはストレスなく長く働きやすい風俗だと思います。

オナクラは料金が安く、お客様への経済的な負担が少ないので、一度固定客を掴むことができれば何度も足を運んでくれる可能性が高いです。
「リピーターがつきやすい」というのは、オナクラの大きな魅力の一つですね。

オナクラの仕事内容まとめ

オナクラは「男性のオナニーを見るだけで働くことができる風俗」で、女性への負担がかなり少ないんですよね。

なので風俗で働いたことがない未経験の女性や、テクニックに自信がない女性でも安心して働くことができます。

そういう風に働きやすく、お給料も当然普通の仕事やアルバイトよりも多いので、

(お金は欲しいけど、あんまり大変な仕事はしたくない・・・)

という女性にはかなりおすすめできるお仕事ですね!

興味がある場合は、多くのお店で「体験入店」ができるので、一度バイト感覚で体験入店してみることをおすすめします。

それで自分に合いそうだったらそのまま続ければ良いし、合わなそうだったら辞めれば良いですからね!

オナクラ以外の仕事が気になる方はこちら

表風俗 風俗の種類はどんなものがあるの?【9種類】わかりやすくご紹介