新宿 デリヘル 求人

おっぱぶってどういう風俗なの?セクキャバとキャバクラの違いって?

おっぱぶ

風俗の種類の一つに

「おっぱぶ」

というお店があります。「セクキャバ」と呼ばれたりもしますよね。

あなたは今おそらくおっぱぶに興味があって、働きたいと思ってこの記事にたどり着いたんだと思いますが、おっぱぶは風俗なだけあって普通のお仕事よりも間違いなく

「多くのお給料をもらうことができます」

それに他の風俗、デリヘルやピンサロなどと違ってお仕事の内容もそこまでハードなものではありません。

もちろん完全風俗未経験であれば最初戸惑ってしまうかもしれませんが、多少経験がある場合はかなり楽なのは間違いないですね。

今回の記事では

「おっぱぶとはどういうお店なのか?」

ということについてお話ししていきます。

もし仕事内容を聞いて、「自分にもできそう!」と感じられた場合はぜひ求人を探して働いてみることをおすすめします。

おっぱぶの仕事内容について

おっぱぶでは主に「2種類のプレイ」が求められます。

プレイといってもそこまでハードなものではなくて、

・おっぱいを触られたり、吸われる
・キスをする

このようなことを主にしていきます。

おっぱいを触られる

おっぱぶは「おっぱいパブ」の略で、その名の通りおっぱいを男性に揉んでもらったり吸ってもらうための風俗のお店です。

お店に来るお客様というのも、多くの場合おっぱいが大好きな「おっぱい星人」なことがほとんどで、おっぱいをいじるのを楽しみに来店してきます。

女性側はとにかく男性が満足するように、おっぱいを思う存分触らせてあげることが大切です。

キス

おっぱいを触られたり吸われるだけではなくて、接客中はキスをすることもあります。
お客様がキスを求めてきたら、それになるべく応えるようにするのが働く上で求められてきます。

軽いフレンチキスだけではなくて、舌を絡ませてのディープキスもここでは行なっていきます。

キスはおっぱいと同じくらいメインのサービスになってくるので、キスをする時間は他の風俗と比べて多くなる、ということは覚えておくと良いと思います。

股間を触るのは禁止

おっぱぶは上記のようなサービスを楽しむお店で、男性が女の子の股間を触ることは禁止されています。

「下も触らせて?」
ともしお客様に言われたとしても、「いえ、お店で禁止されているので」ときっぱり断ることが大切です。

ただこれは大きな声では言えませんが、股間を触らせてあげることで次の指名に繋げようとする女性がいるのも事実としてあります。

あまり褒められた行為ではありませんが、お給料を多く稼ぎたいのならそういう方法もある、ということですね。

ちなみに、女性側が男性のペニスを触ることは一切ありません。

デリヘルやピンサロなど、他の風俗とおっぱぶが大きく違う点は「射精の有無」です。
おっぱぶでは射精させてあげるサービスは一切ないので、それが「セクキャバ」と呼ばれる理由です。

知らない男性の股間が触るのが苦手という女の子は働きやすいのかなと思いますね。


Pickup Girl

新宿 風俗

接客について

ここでは接客の流れについてご紹介します。

まず男性は来店したらソファーのような場所で座って待っています。
指名が入ったらその男性がいるソファーまで向かいます。

対面したらまずは軽く挨拶をしましょう。名前名乗ったら横に座り、イチャイチャできる体勢になります。

そこで少し雑談やエッチなことを話して雰囲気が良い感じにほぐれたら、男性に「脚の上にまたがっていいですか?」という風に聞いて対面座位のような体勢になります。

そうしたら上着を脱ぎ、おっぱいをお客様の前に出してあげましょう。

おっぱいを触られたりキスをしながら時間が経過したらサービス終了です。
男性によってはそこで「延長」することもありますが、なければそこでお別れをします。

お客様の男性がどうしても「無理」な場合

おっぱぶには色々な男性が来て、その中には見るからに不衛生そうな人が来る場合も少ないですがあります。

この人とはとてもじゃないけどキスはできないと感じたら、トークでなるべく時間を潰したり、キスもフレンチキス程度の軽いものに抑えるようにしましょう。

ディープキスができなくてもおっぱいを吸ったりすれば男性は多くの場合満足できるので、とにかく無理をしないということがストレスを溜めずに働くのには大切になってきますね。


Pickup Girl

新宿 風俗

時間について

おっぱぶの時間設定としてはだいたい「1セット40分」ほどです。
料金は1セットで5000円前後が相場になってきますね。

なのでおっぱぶでは、延長が入って長くサービスをしても「一人1時間程度」になってくると思います。

一人の接客が終わったら体を綺麗にしたりして、また次の来店に備えます。


Pickup Girl

新宿 風俗

ハッスルタイム

セクキャバは基本的にプレイ時間中ずっとおっぱいやキスをすることができますが、中には「時間制限」が設けられているお店があります。

前者が「オールダウンタイム制」と呼ばれ、後者の時間制限があるセクキャバは「ハッスルタイム制」という風に言います。

接客時間自体はオールダウンタイム制と変わりませんが、ハッスルタイム制は接客中にクラブのようなBGMがお店に鳴り出し、「そのBGMが鳴っている時にだけ男性はおっぱいを触ったりキスをすることができます」。

ハッスルタイム制のお店はキスなどをする時間が短いですが、その分残りの時間をトークなどで埋め合わせる必要があるため、初対面の人とあまりうまく会話ができないという女の子にはきつい面はあるかもしれません。

「セクキャバにはお店によってそういった違いがあることもある」
ということはぜひ知っていただきたいですね。

そうすれば求人を探すときも自分にあったお店を選びやすくなりますからね。


Pickup Girl

新宿 風俗

キャバクラとどう違うか?

「おっぱぶってセクキャバって言うけど、キャバクラとはどう違うの?」

と一度は疑問に思った女性もいるかもしれませんが、一番の違いは

「接客中におっぱいを触られたりキスをするといった、少しハードなプレイがあるかないか」

になってきます。

セクキャバは「セクシーキャバクラ」の略なので、キャバクラに少しエッチなサービスを追加したお店、という感じですね。ただ上の方でもお話ししましたが、射精のサービスはありません。

キャバクラはお酒を飲みながらトークでお客様を楽しませてあげることが求められますが、セクキャバの場合はお酒を飲む必要はなくて「サービス」さえ良ければまた指名をもらうことができます。

キャバクラよりもお酒を飲まないで良いので体に負担がないし、指名も得られやすいですよね。

おっぱぶのお給料について

おっぱぶは時給制で、新宿や池袋といった東京都内で言うとだいたい平均が「4000~6000円」ほどです。
地方の方になると若干そこから下がり、「3000~5000円」ほどになります。

最初はフリーのお客様が来店したら接客するという形で、最低時給からのスタートになりますが、接客をこなすうちに固定客がついて指名が入り出したら、指名分のキャッシュバックをもらうことができます。

またサービス中にお客様が注文したドリンク料金などもそこに加算されます。だいたい50%ほどがバックされますね。

最低時給があるので、最初なかなか指名がもらえなくてもお給料がもらえるというのはかなり働きやすいのではないかと思います。
働く中でサービス内容を磨いていくことで、指名をどんどん獲得していきたいですね!

おっぱぶの営業時間

おっぱぶは「風営法」という法律が適用される営業形態で、24時で営業は終了します。
なので働くのも24時まで、ということになりますね。

だいたいの風俗は24時で営業を終了しますが、24時間営業が行われている例外の風俗があります。

何かと言うと「デリヘル」なんですね。

デリヘルはあなたの都合によって24時間、いつでも好きな時に出勤できて、どの日に出勤するかもすべて自由です。
なので風俗の中では間違いなく一番自由度は高いです。

「できるだけ長く働いて、多くのお給料を稼ぎたい!」
という場合はデリヘルで働いてみることをおすすめします。生活に合わせて都合もつけやすいですからね。

お客様にはどんな人が多いか?

オッパブに来る男性についてもご説明しておくと、やはり一番多いのは「おっぱいが好きな男性」です。

彼女が貧乳で普段のセックスがあまり満足できなかったり、長い間彼女がいなくておっぱいにしばらく触れていないという男性が来ることが多いです。

年齢層は本当に多種多様で、大学生が来ることもあれば60代の落ち着いたおじいさんが来ることもあります。

純粋にただ「抜きたい」だけならデリヘルやピンサロに行けばいいわけですが、その中でもオッパブを選ぶ男性というのはそれだけおっぱいが好きで、女性とイチャイチャしたいから来店してきます。

なのでその期待に応えて恋人のようにイチャイチャしてあげると、人気も出て次の指名に繋がりやすくなってきます。

おっぱぶが向いている女性の特徴

ここからは「おっぱぶが向いている女性」の特徴についてお話ししていきます。

その特徴に少しでも当てはまればおっぱぶに向いていると思うので、ぜひ一度バイトからでも良い
ので一度お試しで働いてみることをおすすめします。

まず「会話が苦手な人」はかなり向いています。

上の方でも少しお話ししましたが、おっぱぶは恋人のようにイチャイチャを楽しんだり、純粋におっぱいの柔らかさを堪能したいという男性のお客様が来店します。

女性に対して「会話」を求める人は少ないので、口下手な女性にはかなり向いている風俗と言えます。

また「時給制が良い」という女性にもおすすめです。

セクキャバは指名が入らなくても最低時給が保証されるので、もし一日仕事をすることがなかったとしてもお給料をもらうことができます。

風俗の中で「安定」しているお仕事と言えます。

あとは「おっぱいの形や大きさに自信がある女性」にも間違いなく向いています。
おっぱいが綺麗だとそれだけで指名が入ったりするのでかなり働く上で有利ですね。

あとは「キスをするのが好きな女性」もおっぱぶは向いています。

おっぱいを触られるのと同じくらいキスもするので、キスをするのに抵抗がある女性には働くのはかなり難しいんですね。

逆にキスが好きな女性であれば楽しみながら働けるので、おっぱぶはかなりおすすめです!

上のような特徴が少しでも自分にあるなと感じて、普通の仕事では稼げないような収入を得たいという場合はぜひ一度働いてみてください!

おっぱぶまとめ

おっぱぶは風俗の中でもかなりサービスがライトで、風俗未経験であってもかなり働きやすいお店と言えます。

本番行為などはもちろん一切なく、トーク力なども求められないので、おっぱいに自信があるのなら人気が出て指名も入る可能性はかなり高いんですね。

おっぱぶでも普通の仕事とは比べ物にならないくらいのお給料をもらえますが、それでも実は風俗の中で「給料は一番低い部類」なんです。

もしあなたが「とにかく多くのお金を稼ぎたい!」と思っている場合はデリヘルなど、他の風俗の求人を探して働いてみることを検討することもおすすめします。

特にデリヘルは新宿や池袋などの東京の都心に限らず、地方でもほぼ必ずあって24時間働けるので、自分の都合に合わせて仕事ができますからね。