デリケートゾーンのにおいの原因と対策!ケア次第で臭いは消せます!

デリケートゾーン におい

風俗で働いたり、パートナーとのセックスの際に注意しておきたいことの一つに

「デリケートゾーンのにおい」

というものがあります。

デリケートゾーンににおいがあると、サービスをしているときに(今におってないかな?)と不安になって集中できない時ってありますよね。

においというのはデリケートな問題でなかなか直接言うことはできないので、もしかしたらお客様やパートナーの男性はにおいを我慢してサービスを受けている可能性もゼロではありません。

なかなか自分では気づくことってできませんからね。

少し不安にさせることを最初に言ってしまいましたが、気をつけるに越したことがないのが「デリケートゾーンのにおい」の問題です。

そこで今回の記事では、

「デリケートゾーンのにおいの原因と対策」

ということでお話ししていきます。

風俗で働いている女性はもちろん、それ以外の女性にも役立つ内容になってくるので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです!

デリケートゾーンのにおいの原因とケア

デリケートゾーンがにおってしまうのにはいくつかの原因があるので、その原因と対策についてまずお話ししていきます。

原因が知れるだけでもどういうケアをすればいいかが見えてくるので、参考にしてみてください!

恥垢

原因として考えられるものの一つが「恥垢」というものです。

恥垢というのは、あそこに皮脂や汗が溜まることでできるものですね。恥垢というのは溜まってしまうと悪臭の原因となってしまいます。

(そういえばあそこをあんまり念入りに洗っていなかったな・・・)
という場合は恥垢が溜まっている可能性もあるので、洗うようにすると臭いを抑えることができます。

ただ注意点として、あそこを洗う時はゴシゴシ洗うのではなくて、シャワーを軽く押し当てて洗い流す感じで洗うようにしましょう。
股間は非常に敏感な部分で、洗いすぎると今度は皮膚を痛める原因になりますからね。

洗いすぎ

女性器というのは常に酸性に保たれていて、雑菌が繁殖するのを防ぐ効果を持っています。
そこであそこを洗いすぎてしまうと、酸性が中和されてしまい雑菌が繁殖してしまう原因となり、逆に臭いの原因となってしまいます。

洗うのも大事なんですが、「適切な洗い方で洗う」というのが非常に重要です。
それこそ上でご紹介した「シャワーを押し当てて洗い流す」くらいでちょうど良いですね。

また今は、デリケートゾーンを洗う専用のソープといった商品が売られているので、そういったものを使うのでもOKです。

おりもの

おりものがデリケートゾーンのにおいの元になってしまうというケースは多いです。
おりものというのは元々女性器を細菌などから守る役割を持つ分泌液で、酸っぱい臭いを持っています。

通常は分泌量も多くはありませんが、ホルモンバランスが崩れたり生理によっておりものの量が増え、デリケートゾーンのにおいの原因となってしまうことがあります。

おりものの量はなかなか自分でコントロールできるものではありませんが、おりものシートを適度に交換するようにしたり、お風呂に入る際にシャワーで洗い流すようにすると良いですね。ただここでもやはり洗いすぎは禁物です。

蒸れ

汗をかくことでデリケートゾーンが蒸れ、それがにおいの原因となることもあります。
細菌は湿気が大好物なので、蒸れのケアをしっかりと行うことで臭いを抑えることができます。

蒸れに関しても、シートのこまめな交換や、外出中に気になる時は股間を拭いたり下着を変える、ということも大切です。

すそわきが

デリケートゾーンのにおいの原因が「すそワキガ」のケースもあります。

その名の通りすそわきがとは「わきががデリケートゾーンで起こる症状」のことで、汗をかいたりすることでわきが特有のにおいがあそこから発生してしまいます。

すそわきがの場合は自力でのケアでは抑えるのが難しいので、美容外科などのクリニックをまずは受診することをおすすめします。

アンダーヘア

アンダーヘア(陰毛)が濃いと汗がたまりやすくなったり蒸れやすくなり、においの原因となってしまうことがあります。尿などもどうしてもヘアにかかってしまいますからね。

なのでデリケートゾーンのにおいが気になるという場合は、アンダーヘアの処理をするというのも一つの有効な方法です。
ヘアを処理すれば、トイレや生理の時の処理もかなり簡単になりますからね。

カンジダなどの性病が原因の場合

膣カンジダなどの性病にかかってしまうと、デリケートゾーンから悪臭が生じてしまう可能性があります。

カンジダの症状の特徴として「デリケートゾーンのかゆみ」「おりものが増える」というものがありますが、もしそれに心当たりがある場合は膣カンジダである可能性が高いです。

カンジダはセックスだけで感染するものではなく、ホルモンバランスが崩れることで発症することもあります。

(ちゃんとゴムをつけてしているから大丈夫!)
と思っていても、ホルモンバランスの崩れなど、体調不良からカンジダが発症するケースも多いので、カンジダの症状に心当たりがあればすぐさま産婦人科を受診することをおすすめします。

そのままにしておくと、あなたが風俗で働いているのなら男性のお客様に、そうではない場合でもパートナーに移ってしまう恐れもありますからね。

風俗で働いている女性は性病検査は定期的にされていると思いますが、デリケートゾーンのにおいが気になり出したらカンジダの可能性もある、ということはぜひ覚えておいていただきたいです。

ストレスを極力減らす

デリケートゾーンのにおいの原因にはこれまでお話しした通り様々な原因がありますが、その中で大きいのがやはり「ストレス」です。

ストレスが強まると生理不順やホルモンバランスの崩れを引き起こし、おりものの量が増えるなどの症状が出てきてしまい、デリケートゾーンのにおいにもかなり大きな影響が出てきてしまいます。

(そういえば、最近あまり寝てなかったり、精神的に疲れることが多かったかも・・・)

という場合はしっかりと休むということも非常に大切です。

また「食事」も大切ですね。

肉や乳製品は体臭をきつくすると言われるので、できるなら野菜や果物を取るなどするようにしましょう。

デリケートゾーンのにおい含め体臭というのは「身体が酸性に傾いたときに強まる」と言われていて、なるべく酸性に傾かないように体をアルカリ性にする効果のある物を食べると、体臭が起こるのを防ぐことができます。

それにおすすめなのが「梅干し」です。1日1個食べるだけでも十分なので、お弁当に梅干し1個を付け合わせるようにすることで体臭予防になります。

また「りんご」もおすすめで、消毒効果のあるポリフェノールが含まれているので体臭予防に効果的です。体を冷やす効果もりんごの場合は無いので、冷え性の女性でも食べやすいのが良いですね!

デリケートゾーンのにおいまとめ

デリケートゾーンのにおいというのは、すそわきがなど自分だけでは対処が難しい場合もありますが、日々の心がけ次第で十分ケアすることができます。

においの心配がなくなれば、風俗で働いているという場合は体臭を気遣うことなくサービスに集中できるので、サービスの質が確実に上がって指名が増えることにもつながりますね。

私たちデザインプリズムでは、お店で働いてくださる女性を現在募集しています!
デリヘルの形式のお店で、24時間好きな時間に好きなシフトで入ることが可能なので、

「今どうしてもお金を稼ぎたい!」
「ストレス無く、優しく理解のある人ばかりの環境で働きたい!」

という場合はぜひお気軽にお問い合わせください!