リフレってどんなお店?風俗とはどう違うのかをわかりやすく解説!

リフレ 風俗

最近風俗店に近いジャンルの一つに

「リフレ」

というものが人気が出てきていて、出店数も多くなっています。

(リフレってなんか楽そうだし、働いてみたいなー)

という風に考えたことがある女の子も多いかもしれません。

そこで今回は、

「リフレとはどういうお店なのか?」
「風俗とはどう違うのか?」

ということをわかりやすく解説していきます!

リフレとは?

そもそも「リフレ」とはなんなのかというと、英語の「リフレクソロジー」の略で、本来は足の裏などにあるツボを押すことで体の調子を整えたり癒すようなマッサージのことを言います。

足つぼマッサージというものはよく聞くと思いますが、あれはこのリフレクソロジーの一部なんですね。

一方で今流行っているリフレは「癒し」を目的としたお店で、秋葉原で生まれたJKリフレが発祥と言われています。
若い女の子がお客さんと添い寝してあげたりして癒すようなサービスを行います。

足つぼマッサージなどの本格的なリフレクソロジーとは違って、リフレではそのようなマッサージはしません。

添い寝の他に「耳かき」や「膝枕」をして癒してあげるようなことをしていく、という感じですね。

なのでハードなサービスはしたくないという女の子や、マッサージができないという女の子でも安心して働くことができます。

リフレの形態

リフレには主に「2つのタイプ」のお店があります。

一つは「店舗型」と言われるお店で、受付にお客さんが来て女の子を指名したりプレイ時間を決めて、同じ建物の中にあるプレイルームでサービスを提供します。

店舗型の場合は移動する必要はなくて、女の子それぞれに当てがわれているプレイルームでサービスを行います。

もう一つは「派遣型」のタイプのお店で、こちらはデリヘルのようにお客さんはお店のホームページを見てどの女の子を指名するかを決めてお店に電話します。
そこで指名が入ったら指定のホテルの一室に移動する、という感じですね。

移動が無いという点で見ると店舗型の方がかなり楽ですが、店舗型は「風営法」という法律によって24時間営業をすることができないんです。大体夜の0時くらいにはお店が閉まることがほとんどですね。

一方で派遣型の場合は「24時間」営業することができます。
自分の好きな時間に働くことができるのは、派遣型の大きな魅力ですね。

リフレの具体的なサービス内容

ここからはリフレのサービス内容について解説していきます。

見てみるとわかるんですけど、「性的なサービスが無い」んですね。

他の風俗、例えばデリヘルなどではお客さんとキスをすることはもちろん、フェラをしてあげたり手コキをしてあげるような必要がありますけど、リフレの場合はそのようなことはありません。

なので「風俗的なサービスをするのが苦手」という女の子は、リフレならかなり働きやすいと思います。

リフレ

リフレの基本となるサービスで、お客さんの体をほぐすように軽く肩や腕、脚を揉むようにしていきます。
本格的なマッサージをするというよりも「スキンシップを楽しむ」という感じですね。

特にリフレは20前後の若い女の子が働いているケースが多いので、そういった若い子と触れ合うことを目的にお店に来る男性は非常に多いです。

料金は大体「30分3,000~4,000円」ほどで、風俗と比べるとかなりリーズナブルです。

耳かき

お客さんは布団などに横になり、耳かきで耳の中を掃除してあげます。

若い女の子に耳かきをしてもらうようなことはまず無いので、男性は耳かきをしてもらう気持ち良さと非日常感が感じられて、リフレの中でもかなり人気の高いサービスの一つですね。

通常のリフレ店の中でオプションであったり、今は「耳かき専門リフレ」もあったりします。

添い寝

布団やベッドに一緒に横になって添い寝します。

この時にお客さんに体を触られることはなく手を繋ぐ程度なので、男性とイチャイチャするのが苦手という場合でも安心です。

お客さんとしては、若くて可愛い女の子と添い寝するだけでもかなりの癒しを感じることができます。普段若い子と接する機会がない男性も多いですからね。

こちらもオプションだったり、専門のリフレ店が存在しています。

ハグ

添い寝などは基本的に体を触ったりするスキンシップはありませんが、やっぱり添い寝などをするだけでは満足できないお客さんもいます。

そんなお客さん向けにオプションとして「ハグ」というものがあり、1回で5秒間ハグができて「2,000円」という料金設定が多いです。

リフレでもし働いてお金を稼ぎたいという場合は、ぜひ狙いたいオプションの一つですね。

逆リフレ

通常のリフレとは逆で、お客さんが女の子の肩や腕などを揉むことができるサービスです。
自分から女の子の体に触ることができるので、逆リフレも人気のあるサービスの一つですね。

10分で2,000円くらいの料金設定で、通常のリフレよりも割高に設定されていることがほとんどです。

お散歩

プレイルームで軽いマッサージなどをするサービスの他にも、お店によっては一緒に外に出てお散歩をするサービスがある場合もあります。

買い物に行ったり、食事に行ったり本当に「デートを楽しむ」ような感じで散歩をします。

いきなりお散歩コースを選ぶお客さんは少なくて、まず通常のリフレを楽しんで、そこで気に入った女の子がいればこのコースで指名するというケースが多いようです。

この他にも様々なサービスがリフレにはあります。

膝枕などの定番のサービスや、言葉責めをしてもらうなどMな男性向けのものもあるなど、本当に多種多様ですね。

ただ風俗とは違って本当に軽いサービスばかりなので、初心者でもかなり働きやすいと思います。

興味がある場合はぜひ求人を探して一度働いてみることをおすすめします。

リフレで働く際の注意点

ここからは、もしリフレで働くとなった時に注意したいポイントについてお話しします。

お金をより多く稼いだり、安全に働くために必要なことをお話ししていくので、ぜひ頭にそれらのことをおきながら求人を探して働くようにしてみてくださいね。

オプションを獲得しないと稼げない

リフレは風俗と比べると「基本料金がかなり低いです」

オプションが全く入らないと、普通にバイトをした方が稼げるんじゃないか?というくらいのお給料しか稼げないケースも多いので、なるべくオプションはOKにするようにしましょう。

ただそれでも時給に換算すると「2,000円」ほどしか稼げないということも多く、風俗と比べるとかなりお給料は低くなってきますね。

強引なお客さんに注意

お店に来るお客さんは紳士的な人が多いですが、リフレは多少なりとも体が密着するので、そこで興奮して強引に体に触ってこようとしたり、性的なサービスを求めてくる人も中にはいます。

もしそういうお客さんに遭遇した場合は、強い気持ちを持って抵抗したり、お店のスタッフさんに助けを求めるということが大切です。

特に派遣型の場合は助けを呼んでもすぐには来てくれないので、自衛の準備をしておくということも大切です。

裏オプション

リフレには「裏オプション(裏オプ)」というものが存在することがあります。

通常はリフレでは裸になったり性器を触るなどの性的なサービスは一切行いませんが、裏オプションというものをお店が用意していて、そういったお店で働くと性的なサービスをやらされてしまうという危険があります。

また女の子自身が、お店に隠れてそういったサービスを個人的にお金をもらってしているというケースもあります。

もちろんリフレではそういった行為は禁止されているので、そういうお店で働いたり、個人的にお金をもらって裏オプをするということは絶対にやめましょう。

違法店の存在

リフレの中には違法に18歳未満の女の子を働かせていたり、店ぐるみでリフレという名目で営業しつつ性的なサービスを提供している店舗も存在します。

そういうお店で働いていると、最悪お店自体が警察に摘発されてそれに巻き込まれてしまう危険もあります。

一番安全なのは、「普通のリフレサービスを提供しているお店で働く」ということです。

そして性的なサービスをしているリフレ店で働くくらいなら、普通にデリヘルなどで働いた方が安全に、そして多くのお金を稼ぐことができます。

求人を探す際などは、

(このお店はどういうお店なんだろう・・・?)

ということを事前によく調べてから申し込むようにしましょう。

リフレまとめ

リフレは普通の風俗とは違って性的なサービスをすることは一切なく、体に触れることもほとんどありません。

ただ年齢が若いうちでないと働けなかったり、通常の風俗に比べてお給料もかなり低く、普通に働く方が稼げるということもあるくらいです。

新宿のデリヘル店、デザインプリズムでは一緒に働いてくれる女の子を大募集しています!

デザインプリズムなら「日給6万円以上」稼ぐことも全然できて、24時間営業であなたの都合の良い時間に働くこともできます!

「最近お財布がピンチでお金をとにかく稼ぎたい!」
「自分の好きな時に働きたい!」

という場合はぜひお気軽にご連絡くださいね♪
初心者の女の子も大歓迎です!