新宿 デリヘル 求人

リスカ跡があっても風俗で働けるの?働くための方法を解説します

風俗 リスカ跡

こんにちは。新宿のデリヘル、デザインプリズムです。

昔辛いことがあったりしてリストカットをした経験がある、という女の子もいると思います。

リスカ跡はどうしても残ってしまうことが多く、その跡があるから風俗に興味があるけど働けないんじゃないかと不安な女の子もいるかもしれません。

「体に目立つ傷があると風俗では働けないのかな?」

 

今回の記事では、

リスカ跡がある女の子でも風俗で働けるの?

ということをお話ししていきます。

 

最初に結論から言ってしまうと「働くことはできます」。

働きやすいお店、働くために必要なことなどにも触れていくので、風俗で働いてみたい女の子はぜひこの先を読み進めてみてくださいね。

 

リスカについて

あなたはすでにご存知だと思いますが、リスカとは何なのか改めて説明すると

自分の手首を切ってしまうこと

をリストカットと言い、それを略した言い方がリスカです。

 

一度手首を切ってしまうとどうしても「」が残ってしまうことが多いです。

溝のようになってしまったり、ミミズ腫れのようになってしまったり。

なので他の人がその手首を見たときに、「あ、この子リスカしたことがあるんだな」とわかってしまうことが多いです。

リスカがエスカレートしてくると腕を切るようになったり、脚を切るようになってしまうこともあって、腕全体が傷だらけになってしまっている、という人もまれにいます。

 

リスカをなぜしてしまうのか?

リストカットする原因は人によって違ってきますが、まず「性格」が考えられます。

真面目、繊細、優しい、感受性が強い、正義感が強い、責任感が強い、自分だけで悩みを抱え込んでしまう、失敗を許せない。

このように、真面目な性格や責任感が強いような人がリスカをしてしまう傾向が強いんです。

真面目だからこそ自分の中だけで悩みを抱え込んでしまって、それを解消するためにリスカに走ってしまうという人は多いです。

 

リスカは一度やると繰り返してしまう人が多いですが、それには理由がいくつかあります。

ストレス発散

痛みが感じられ、生きていると強く実感できる

痛みを感じることで脳内麻薬が分泌されて、気持ち良さが感じられるようになる

血が流れるところを見ると、自分にも血が流れているんだと安心できる

癖になるとちょっとしたことですぐリスカしてしまうようになる

 

死ぬ目的でやるのではなくて、「生きている」と感じるためにリスカをする人が多く、繰り返してしまう人が多いですね。

 

リスカ跡があると風俗で採用されにくくなってしまう

冒頭で「リスカ跡があっても働くことはできる」ということをお話ししましたが、

確かに働くことはできるんですが、正直にお話しすると跡が無い人よりも採用されにくくなり、お仕事は探しにくくなってしまいます。

それにはいくつか理由があります。

 

お客さんに引かれてしまう

リスカ跡はどうしても痛々しさを相手に感じさせてしまって、お客さんが引いてしまうことが多いんですね。その状態でHなことをしようとするのはなかなか難しいです。

また「メンヘラがリスカしやすい」というイメージがあるので、跡があると「メンヘラそう」「めんどくさそう」という印象を持たれてしまってお客さんが付きにくくなってしまうんですね。

そういう女性を採用しているとお店の評判にも影響が出る可能性があるので、採用しないお店も正直多いです。

 

すぐ休むと思われる

リスカしていると、心が不安定で当日に急に休んだりするんじゃないか?

とお店側としては感じられてしまいます。

出勤予定の子に急に休まれるとお店としてはかなり困ってしまうし、お客さんにも迷惑がかかってしまう恐れがあるので、採用されにくくなってしまうことはあります。

 

他の女の子に嫌われてしまう

リスカ跡を見るのはやはり気持ちの良いことではないので、見るのも嫌という人も中にはいます。

それは一緒に働いている女の子もそうで、お店の和を乱してしまう可能性があるというのも理由の一つです。

 

リスカ跡があっても働けるお店は?

そんな風に採用されにくくはあるんですけど、リスカ跡があっても働けるお店はあります。

どういうお店で働けるのかを、ここからはご紹介していきます。

 

人妻店

人妻店は風俗の中でも働きやすいお店です。

なんでかというとそもそも人妻は妊娠線や帝王切開の跡があったり、普通の女性よりも体に傷跡が付いている人が多いので、お客さんもそういうものに寛容な人が多いんです。

また容姿や体目当てというよりかは「癒し」や「母性」を求めて来店する男性が多いので、リスカ跡を気にしない人が多く、採用してもらえる可能性は高いと言えます。

 

ソープ、SM店

ソープやSMはサービス内容が好きで来店するお客さんが多く、女性の見た目などをあまり気にしない人が多いです。

十分働ける可能性があるお店ですね。

 

オナクラ、エステ店

リスカ跡は服を脱がなければ相手に見えることはありません。

なのでオナクラや風俗エステ店など、基本的に服を脱がないお店であれば問題なく働くことができます。

ただそのようなお店でお金を稼ぐには「服を脱ぐオプション」が重要になってきて、そのオプションをOKにしにくいのでお金は稼ぎにくくなってしまいます。

エステ店はマッサージのスキルがかなり重要で、服を脱ぐオプションができなくてもテクニックを磨けば指名を増やすことでお金を稼ぐことはできると思います。

風俗エステ 風俗エステってどんな風俗?未経験者にもわかりやすく解説します

 

リスカ跡があると働けないお店

リスカ跡があると採用されることがないほとんどないお店があるので、そちらもここでご紹介します。

 

お嬢様、清楚、素人、学園系の店

これらのお店は「ルックス」を求めているお客さんが多く、リスカ跡があると引いてしまうお客さんが多いんです。

サービスを磨いても、リスカ跡があることでなかなか人気を得られない可能性が高いので、採用されるのも正直かなり厳しいと言えます。

 

高級店

高級店はサービスの質、容姿、体の綺麗さなどすべてが高レベルを求められます。

お客さんも多くのお金を払って来店してくるので、リスカ跡がある女性は避けられる傾向が強いのが採用されにくい理由です。

 

リスカ跡を隠す方法

風俗で働けるようになっても、お店からリスカ跡を隠すことを求められることがほとんどです。

ここからは跡を隠すための道具やテクニックをご紹介していくので、風俗の面接や働き始める際にぜひ参考にして使ってみてくださいね。

 

コンシーラーを使う

コンシーラーを手首に塗ることでリスカ跡を見えづらくすることができます。

リキッドタイプ、スティックタイプなど様々な種類があるので、色々と使ってみてうまく隠せるものを探してみることをおすすめします。

 

ファンデーションテープ

ファンデーションテープというのは、タトゥーや傷跡を隠すために使われるテープのことです。

肌色をしていて、それを傷跡に貼ることで跡を隠すことができます。

ただそれを貼るだけだと傷跡を隠していることがバレバレになってしまうので、コンシーラーなどを使って境界線をうまく隠して自然な感じにすることで、違和感を無くすことができますね。

 

スプレーファンデーション

スプレーファンデーションは傷跡にシュシュっとかけるだけですぐに傷跡を隠せるので、お仕事の合間に傷跡のケアがしやすくおすすめです。

ファンデーションテープの上にこのスプレーファンデーションを使うことでより自然な感じにできたりするので、うまく他のアイテムと組み合わせるとよりうまく隠すことができますね。

 

塗り薬

傷跡を隠す専用の塗り薬というものが売っていて、「アットノン」「ケロコート」などがあります。

こちらもうまく活用することで跡を隠すことができます。

 

リスカ跡がある女性が風俗で働けるか?まとめ

リスカ跡があると確かにお店に採用されにくいという面はあります。

ただお店の種類によっては傷跡があまり問題にならなかったり、アイテムを使ってうまく隠せば大丈夫だよと言ってくれるお店もあります。

「やっぱり私は働けないのかな・・・」

と諦める必要は全くないので、風俗のお仕事に興味があるのならぜひ一度求人に申し込んでみることをおすすめします。

 

デザインプリズムでは、女の子の事情に合わせてストレスなく働ける環境を整えています。

あなたに合った働き方を一緒に考えていくこともできます。

デリヘルのお仕事に興味があるならぜひ一度お気軽に連絡してくださいね!