新宿 デリヘル 求人

筆おろしとは?風俗未経験の方に意味をわかりやすく解説

筆おろし 風俗

筆おろし(ふでおろし)

筆おろしとは、童貞の男性が初めてセックスをすることを表す用語です。

初めて男性がセックスするときのことを筆おろしと言い、男性としては一生記憶に残る瞬間になります。

人によって筆おろしをするタイミングは様々で、10代でする人もいれば、30代、40代になって初めてするという人も少なくはありません。

 

風俗で働いていると筆おろしをまだしていない童貞のお客さんを接客するときがあると思いますが、その時はぜひ優しく接するようにしてあげてください。

そういう男性は女性と接することに慣れていなかったり、緊張している場合が多いので優しく接してあげることで緊張を和らげることができるし、良い思い出を残してあげることもできますからね。

またそういう男性はリピーターにもなりやすいので、無下には扱わずにぜひ丁寧に接客してあげてください。

 

ちなみに風俗(ソープ)で筆下ろしして、その後素人の女性とセックスしたことがない男性のことを素人童貞という風に呼びます。

筆おろしの語源:

筆おろしはもともと新しい筆を字が書きやすいように調整することを表す言葉で、そこから転じて筆をペニスに見立てて初体験という意味で使われるようになりました。

筆おろしの使い方:

・あ、今日が筆おろしなんですか!リラックスしてくださいね♪

参考 あわせて読みたい筆おろしの関連記事一覧