常連とは?風俗未経験の方にわかりやすく意味を解説

常連

常連

常連(じょうれん)とは、定期的にお店に訪れてくれるお客様のことです。

常連は風俗業界以外でも、飲食店やスポーツジム、映画館、図書館など様々な業界のお店や施設で使われる言葉です。
お店以外でも、ネット上の同じブログやSNSを定期的に読む人にも常連という言葉は使われますね。

風俗で働く場合は、常連さんに気に入ってもらうのが多くのお金を稼ぐ上で非常に重要になってきます。常連さんはお店に来る頻度も高いので、常連のお客様の指名が取れるようになればお給料もかなり増えて安定するようになりますからね。

常連さんに気に入ってもらうには、とにかく一人一人に手を抜かずに精一杯のサービスを提供するということが大切です。

全員に好かれることは難しくても、その中の何人かは絶対にあなたのことを気に入ってくれる人はいるはずで、そういった地道な努力が常連さんからの指名を得るには欠かせません。

常連の語源

常連とは、常に連れ立って街などに出かける仲の良い友人のことを意味する言葉で、そこから転じて定期的にお店に訪れてくれるお客様のことを、感謝や親しみを込めて常連と様々な業界で呼ぶようになっていきました。

常連の使い方

・その常連さんに気に入ってもらえれば指名も増えるから、頑張ってね!