けつかっちんとは?風俗未経験の方にわかりやすく意味を解説

けつかっちん

けつかっちん

けつかっちんとは、次のスケジュールが迫っているため、これ以上お仕事の時間を延長できないことを表す用語です。

前述のように、けつかっちんは次の予定が入っているため、これ以上お仕事に入れないようなことを言います。

風俗業界では女の子が働く時間をこれ以上延長できない、と言ったときに使われます。

次の予定が無いのであればけつかっちんを気にせずに、もしお客様が延長を希望した場合でもそれに対応することができます。
ただもうけつかっちんという場合は、そのことをお客様に伝えて延長をお断りするなどをする必要があります。

次の予定が入っていると精神的にも落ち着かないので、お店でお仕事をする日はけつかっちん状態にならないように予定を入れない方がストレス無く働けますね。

けつかっちんの語源

映画やドラマを撮影するときに、「アクション!」という言葉とともに監督がカチンコという道具を鳴らす場面がありますが、そのカチンコを撮影の一番後ろに持っていくところから、「ケツでカッチンする→ケツカッチン」という風に呼ばれるようになりました。
もうそれ以上撮影をすることができないということから転じて、今のような使い方がされるようになっていきました。

けつかっちんの使い方

・今日はもうけつかっちんなので、次のお仕事は無しでお願いします。