こちらのサイトは現在製作中です。
まだ全ての内容を公開しておりません。

おっパブとは?風俗未経験の方にわかりやすく意味を解説

おっパブ

おっパブ

おっパブとは、男性が女性のおっぱいを楽しむことを目的とした風俗店を表す用語です。

おっパブは「セクキャバ(セクシーキャバクラ)」の一種で、お酒を飲みながら女の子のおっぱいを触ったり吸うことができるお店です。

おっぱいが触れるパブ、「おっぱいパブ」が略されてそのように呼ばれるようになりました。

キャバクラの「セクハラができる版」と考えるとわかりやすいと思います。

おっパブで働く女の子は接客をしている時は上半身裸になり、お客様の顔におっぱいを押し付けたり触られたりします。
なのでおっぱいに自信がある女性の方が働きやすいと思いますね。

おっパブの他にもセクキャバやお触りキャバクラ、ハッスルパブなどと呼ばれることもありますが概ねそれらは同じようなサービスを提供します。

おっパブは基本的に上半身しか触られることはありませんが、一部のお店では下半身タッチOKなお店もあるので、もしおっパブで働く際はよく調べた方が良いですね。

ちなみにおっパブは抜き(射精)を伴うサービスはしないので、風俗で働くのに抵抗があるという女性でも働きやすいお店だと思います。

風俗には劣りますが普通の仕事をするよりも多くのお給料がもらえるので、自分の胸に少し自信があって興味がある場合はぜひ働いてみることをおすすめします。