素股とは?風俗未経験の方にわかりやすく意味を解説

すまた

素股

素股(すまた)とは、男性のペニスを女性が股に挟み、手を使ったり腰を動かしてペニスを刺激するようなプレイを表す用語です。

デリヘルなどのほとんどの風俗では挿入をする本番行為は法律で禁止されているため、擬似的に挿入感を味わえる素股を基本プレイとして行います。

男性としてはペニスへの快感の他に、素股中の光景を見ると本当にセックスをしているような感覚になり興奮できるプレイです。

素股をするときに注意が必要なのは、ペニスや自分の股間にたっぷりとローションを塗る、ということです。
素股はかなり男性のペニスに摩擦を与えてしまい、ローション無しでしてしまうと摩擦熱で火傷してしまう恐れもあるんですね。
なのでローションをしっかり使うことで、安全に、気持ち良い素股をしてあげられます。

そしてもう一つ注意したいのが、なるべくコンドームをペニスにつけて行うようにしてください。
これはお店から指導を受けるかもしれませんが、性器同士を擦り付けるので滑って挿入してしまうこともゼロではありません。

お店によってはゴム無しで行うこともありますが、基本的にはゴムを着けてやると思っておくと良いですね。

あとは性病の感染を防ぐ目的でも、素股をするときはコンドームをつけることが多いので、そこは忘れないようにしてくださいね。

最初は挿入せずに腰を動かしてペニスを刺激するというのはコツがつかめず難しいかもしれませんが、やっていくうちに腰の動き方にも慣れて素股で男性を射精させられるようになるので、頑張ってテクニックを磨いていきましょう!

素股の使い方

・これから素股をするので、コンドーム付けますね!