てっぺんとは?風俗未経験の方にわかりやすく意味を解説

てっぺん

てっぺん

てっぺんとは、風俗業界で午前0時を表す用語です。

風俗の中で店舗型のお店の場合は、風営法の規制により深夜0時以降の営業は禁止されています。

深夜0時になるとお店が閉まり、0時は時計を見たときの針の位置が一番上にあることから、これで今日の営業は最後という意味合いを込めててっぺんという用語が使われるようになりました。

ファッションヘルス店や風俗エステなどの店舗型のお店で働く場合は、てっぺんは1日の終わりを表しますね。

ただデリヘルなどの派遣型の場合は風営法により営業時間が規制されることはなく、0時以降でも働くことができます。

デリヘルは昼間は本業で働き、0時以降など夜の時間に少し働くということもできるので、女の子にとってはかなり都合が良いお仕事です。

新宿のデリヘル、デザインプリズムでは兼業の女の子も大歓迎なので、もし働きたいという場合はぜひお気軽にご連絡ください!

てっぺんの語源

冒頭でお話しした通り、0時を指すときは時計の針が2つとも一番上を指すことから、そのように呼ばれるようになりました。

てっぺんの使い方

・もうすぐてっぺんだから、帰る準備してね!