前立腺マッサージとは?風俗未経験の方にわかりやすく意味を解説

前立腺マッサージ

前立腺マッサージ

前立腺マッサージ(ぜんりつせんまっさーじ)とは、男性の前立腺を肛門に指や器具を入れて刺激してあげるマッサージの方法のことです。

前立腺は男性だけに存在する器官で、膀胱の下あたりにありクルミほどの大きさをしています。校門から指を入れることで、直腸越しに触ることができます。
精液の元となる「前立腺液」を分泌している大切な器官で、前立腺の働きが悪くなってしまうと男性はうまく精液を作れなくなってしまいます。

前立腺の働きはそれだけでなく、刺激されることでとても大きな性的快感を感じることができる器官なんです。
前立腺を刺激することで得られるオーガズムを「ドライオーガズム」という風に呼びますが、その快感は女性のオーガズムと同じくらいの気持ち良さが感じられると言われています。

指を入れて刺激をするということで、女性がGスポットを刺激されることでオーガズムに達するのと同じような感じをイメージすると分かりやすいと思います。

前立腺マッサージはもともと、前立腺肥大や前立腺炎といった病気の治療法として考えられたものなのですが、最近では主に性感エステなどで、男性に快感を与えるためのテクニックとして使われるようになりました。

前立腺を刺激するには、指やエネマグラといった器具を男性の肛門に入れる必要があり、腸内というのは非常にデリケートなので事前に爪が伸びていないか、器具にささくれなどが出来ていないかよく確認してから行うようにしましょう。

触る際も強く触ったりせずに、優しくなでるようにすると安全ですね。

前立腺マッサージの使い方

・それではこれから前立腺マッサージに入りますので、アナルに指を入れますね。