色恋営業とは?風俗での色恋営業の意味を徹底解説

色恋営業

色恋営業

色恋営業とは、風俗やキャバクラで女性が男性客に対して気があると思わせて、何度もお店に来店してもらう営業手法のことを言います。

色恋営業は男性のお客様に対していかに(もしかして俺に惚れてんじゃね?)と思わせるかが重要で、その好意があからさますぎるとお客様にも営業だと感づかれてしまうため、適度な距離感の好意をどう見せるかが大事です。

(もっとお店に通って心の距離を縮めれば、必ず落とせる!)このようにお客様を感じさせて、うまくその好意をかわしながらお店に通ってもらいます。

ただやり過ぎるとお客様の怒りを買ってしまう恐れもあるので、色恋営業はリスクのある営業方法ではあります。相手の男性のお客様の人間性を見極めて使うのが良いですね。

色恋営業を行う場合は営業用のスマホを使うようにしましょう。プライベートのLINEなどの連絡先を教えてしまうと、最悪ストーカーをされるような危険もありますからね。

色恋営業は何度も言いますがリスクがある営業方法になってくるので、苦手な女性は無理に行う必要はありません。あくまで「一つの固定客を掴む方法」と覚えておくと良いと思います。