クスコとは?風俗未経験の方にわかりやすく意味を解説

クスコ

クスコ

クスコとは、主に産婦人科の医師が検診の際に使う、女性の膣を広げて内部を見るための器具を表す用語です。

クスコは元々は医療器具ですが、女性器に入れ内部を広げるというその特性から風俗店でもオプションとして使われることがあります。

女性器の内部を見ることは通常はなかなかできることではないし、広げられた女性器を間近で見ているという事実に男性は興奮し、さらにクスコを使われている女性はやっぱり恥ずかしい思いをすることが多いので、女性が恥ずかしがっている姿を見て男性はさらに興奮します。

普通のデリヘル店などではあまり見かけないオプションですが、SM系のお店ではよく使われるオプションです。

クスコは女性の膣に差し込んで使う器具なので、扱い方を間違えると女性側にかなりの負担がかかってしまいます。

もしお客さんがオプションでクスコを選んだ場合は、事前に「乱暴にしないでくださいね」という風に注意しておいた方が良いですね。

クスコの語源

クスコは元々「膣鏡」という医療器具の一種に過ぎず、クスコ式膣鏡がよく知られるようになったことから、膣鏡自体がクスコという風に呼ばれるようになっていきました。

クスコの使い方

・クスコは使い方を間違えると女性が痛い思いをしてしまうので、ご注意ください。