裏風俗とは?風俗未経験の方にわかりやすく意味を解説

裏風俗

裏風俗

裏風俗とは、本番のセックスをサービスに加えている違法風俗のことを言います。

風俗ではソープ以外では本番行為は禁止されていますが、ソープ以外の業務形態でもあっても本番行為(セックス)が行われているお店を裏風俗と言います。

裏風俗では、風俗営業法の規制を受けないために無届のまま営業されています。

本番ができる方が男性としてはもちろん嬉しいし、お店としての人気も出てお金がすごい儲かるんです。
他の風俗店との差別化も簡単にできるため、裏風俗は存在しています。

ただ裏風俗は多くの場合反社会勢力などと深く関わっていることがほとんどで、少しでも関わってしまうとかなり危険なので絶対に近寄らないようにしてください。

裏風俗では出会い系サイトなどを使って男性をうまく誘導して会う約束をして、雇っている女性を待ち合わせ現場に向かわせる、といったことがされている場合が多いです。いわゆる「援交デリヘル(援デリ)」も裏風俗の一種です。

風俗と聞くとまだまだ悪いイメージが多いかもしれませんが、近年の風俗店は本当に真っ当な人たちが真っ当に営業を行っているお店がほとんどです。

どのお店も風俗営業法をきちんと守っていて、実はかなりクリーンな業界なんですね。

その中で裏風俗が業界全体のイメージをいまだに悪くしている大きな原因の一つであり、とにかく関わらないことが裏風俗を無くす一番の対策となってくるので、そういうお店を見つけた場合はぜひ注意するようにしてください。