裏を返すとは?風俗未経験の方にわかりやすく意味を解説

裏を返す

裏を返す

裏を返すとは、一度遊んでくださったお客様がもう一度指名してくれることを言う用語です。

裏を返すと同じ意味の言葉に「本指名」というものがありますが、一般の風俗では本指名の方がよく使われることが多いです。

裏を返すは吉原の風俗で使われることが多いようですね。

あなたが風俗で働く場合は、この「裏を返す」をどのくらい獲得できるかがどれくらい稼げるかに大きく関わってきます。

フリーのお客様が入っても基本料しかもらえないことも多いですが、裏を返したお客様が増えるとその指名料の一部をキックバックしてもらえるので、ぜひ狙っていきたいですね。

それを狙うためには、フリーのお客様でも手を抜かずに丁寧に接客をする、ということが非常に大切です。そうすればその中であなたを気にいるお客さんも必ず現れて、裏を返すことも増えていきますからね。

裏を返すの語源

語源は昔の吉原で、遊郭には遊女の札が壁に下がっていて、その遊女に指名が入ると接客中ということを表すために札を裏に返していたそうです。
そこから転じて、以前接客したお客さんから指名が入る(本指名が入る)ことを「裏を返す」と表現するようになっていきました。

裏を返すの使い方

「また〇〇ちゃんのことを裏を返すね!」