新宿 デリヘル 求人

妊娠線とは?風俗未経験の方に意味をわかりやすく解説

妊娠線

妊娠線(にんしんせん)

妊娠線とは、妊娠した経験がある女性にできる、お腹や太ももあたりにある細い縦線のことを表す用語です。

女性は妊娠をするとお腹が大きくなるため、それに圧迫されてお腹や太ももあたりが軽く肉離れのようになってしまいます。

その時にできるのが妊娠線で、細い線は細かい肉離れをした跡なんです。

妊娠線は基本的に自然と消えることはなく、出産後も残り続けます。

お腹のあたりに細かい線ができていると、「あ、この人は出産した経験があるんだな」とお店の店員さんやお客さんもすぐにわかるので、若い女性が採用される傾向にあるお店では採用されにくいことが多々あります。

 

ですが今は風俗では人妻人気も出てきていて、人妻専門の風俗店もあるくらいです。

そういったお店であれば、妊娠線があったとしても問題なく採用してもらえると思います。むしろ「本物の人妻」ということでお客さんにも喜んでもらえますよね。

人妻系以外のお店で働きたいという場合は、面接の時に「妊娠線が目立つのですが大丈夫ですか?」と聞いておくと良いですね。

妊娠線の使い方:

・当店は人妻を売りにしているお店なので、妊娠線がある女性は大歓迎です!

参考 あわせて読みたい妊娠線関連記事一覧